Cimg0550

2011年もあと6時間ちょっと。
今年一年を振り返ってみると、とても大きな影響を受けたものが二つあった。

一つ目は、シゴタノ!の次のエントリー「とりあえずはメンドくさくないライフログを始める」。
以前は、いわゆるホームページというもので家族日記を書いていたことがあった。
livedoorブログを書いていたこともあった。
前者は、「クラブきっず事件」を機にやめた。
後者は、ネタがなくて続かなかった。
どちらも、続かなかった。
でも、五藤隆介さんの紹介のだいたい言いたいだけ日刊ブログのやり方は、今でも続いている。
タイトルを考えなくていいことは、書き始めのハードルを下げてくれる。
タイトルを見ると頑張って続けていることを実感できて、さらに頑張ろうと思える。

二つ目は、奥野宣之さんの「人生は1冊のノートにまとめなさい」。
A6ノートを裸で持ち歩くことに抵抗を感じていたが、そんなことは置いておいて、A6ノートに行動を記録し始めた。
もともとは、 五藤隆介さん(あっ、また五藤さんだ)の「たった一度の人生を記録しなさい」に、五藤さんが奥野さんの「人生は1冊のノートにまとめなさい」を読んで、人生が変わったと書かれていたので、試しに読んでみただけだった。
だけど、それから一ヶ月以上も、毎日ライフローグをA6ノートに記録し続けている。
記録するときに、次に何をやろうかと迷う時間が短くなった。
仕事も、早く終わるようになった(気がする)。

五藤隆介さん、ありがとうございます。
来年も、よろしくお願いします。